収納企画 トトノエ堂

トトノエる日々BLOG

週刊トトノエる[第21号:洋服のスペアボタン]

2017/10/20
週刊トトノエる 一緒に片づけを進めよう

大島です。

 

週刊、トトノエましょう。

ちょっと、週刊トトノエるお休みしてました。

おまたせしました(><)

 

今日のテーマはこれです。

 

 

 

 

これね、

洋服を買うとついてくる、

スペアボタンです。

 

 

 

お片づけのサポートに伺うと、

いろんなところから

スペアボタンが出てきたりします。

 

 

 

同じ場所にまとめてある方もいらっしゃいますが、

日常の細々したところや、

文房具のところ。

意外にいろいろなところから

頻出するこのスペアボタンです。

 

 

 

あなたは、スペアボタンどうしていますか?

 

 

 

私は片づけを始める3年前までは、

スペアボタンを全部保管していました。

けれども、片づけを始めてスペアボタンを全て捨てました。

 

 

新しい服を買ってからもすぐに捨てるようにしました。

 

 

 

なぜかって、スペアボタンを

スペアとしての用途で使ったことが

今までに一度もないからです。

 

 

 

たしかに、ボタンが取れることもありますよ。

でも、ボタンが無くなるまでいくことはほぼないです。

 

 

 

あ、そういえば、人生に一度だけボタンがとれて

無くなっていたことがありました。

どうしたんだったかな。その時はスペアがあったのか?

うちにある似ている適当なボタンをつけたのか?

覚えていません。

 

 

 

 

私は10年前にアパレルの企画部でパタンナーをしていました。

洋服の型紙や縫製指示書を書き縫製の指示をします。

 

 

当時勤めていた会社では、

ボタン付けを手付けで縫製指示を出していました。

だから、相当着てもボタンが取れるということはないです。

 

 

私はその時の会社の考え方を今でも覚えています。

 

 

着ていてボタンが取れるということは、

着ている人に恥をかかせてしまうかもしれない。

そんなことが起きないように、ボタンは手付け!

 

 

多くの既製品の洋服はボタンは機械付けです。

 

 

当時新人社会人だった私は、

ボタン手付けにすごいなぁと思ったものです。

 

 

 

 

そんなことを思い出しながら、

私自身、大量にたまったスペアボタンを見たら、

「いらないな」って思えたのです。

 

 

 

スペアボタンも袋ごとためれば

けっこうな量になり。

 

 

 

洋服を買うたびに、

スペアボタンの行き場所に困り。

 

 

 

捨てようか、捨てまいか悩み・・・・

 

 

 

細かいストレスが積みあがってるんですよ。

 

 

 

片づけを始めて私自身洋服の持ち方が変わりました。

そのシーズンで着倒す服という持ち方と、

長く着ていく服という持ち方の2通りです。

 

 

長く着ていく服の持ち方にしたほうは、

長い服でも5,6年着ていますが、

ボタンは1度も取れたことがありません。

 

 

1シーズンで着倒す服は、

さすがに1シーズンでボタンは

取れて無くなるところまではいきません。

 

 

 

「もし、ひっかかったりして切れたらどうするの?」
そういうこともありますよね!

その時はその時です。

似たボタンを探してきましょうかね。

 

けっこう着て寿命の服なら手放すタイミングかもしれないし。

買ったばかりの服なら、お店に行ったり、メーカーに問い合わせれば

手に入るかもしれませんね。

 

 

でも、「もし・・・」って、

片づけの大敵「いつか」に当てはまりますのでね。

人生に1度か2度起きるか起きないレベルの話のことまで、

家の中に備えておくと、家は物だらけになっていきます。

 

 

 

「子供がしょっちゅうボタンをどこかにひっかけて帰ってくる。」

こんな方は、スペアボタンを

しっかり分かるように保管しておきましょうね!

 

 

 

予防は大事ですね。

もし、ボタンが取れそうになったら

すぐに補強することです。

 

 

 

機械付けのボタンは取れやすいこともあります。

着る前に補強しておくというひと手間も

ボタンが取れることを防ぎます。

 

 

 

 

スペアボタン、いくつたまっていますか?

寒くなってきました。

秋冬物の洋服を買ったついでに、

ちょっと考えてみてくださいね。

 

 

 

収納企画トトノエ堂

大島 千恵子

 

 

 

【トトノエ堂相談室をご利用ください】

ブログでお悩みに回答するトトノエ堂相談室を開始しました!

今回の記質や以前の記事に関するご質問や、

読者さまのちょっとした疑問や悩みお寄せください。

 

トトノエ堂相談室のご利用方法は、

下のミドリのボタンから↓

 

 

MENU