収納企画 トトノエ堂

トトノエる日々BLOG

小川村講座

2017/11/16
セミナーイベントレポート 片づけのこと

大島です。

今週の月曜13日は小川村のバスティ高府という施設で講座をさせていただきました!

 

 

小川村に新しくできたバスティ高府。

バス停とコミュニティ施設が一緒になった施設です。

 

 

 

 

 

 

時間になると地域の方々が続々と集まってくださいました(^^)

 

赤ちゃんから高齢者の方まで幅広い年齢層のご参加。

 

 

みなさんほとんど顔見知りの中、

なかなか日頃「片づけられなくてね~」なんていう話も

そんなにしないはず(^^;

 

 

でもでも、お片づけの話は盛り上がります。

お悩みも吹き飛ばすくらいの勢いです。

 

 

 

今日の講座でお聞きした声。

みなさんにお伝えしたい高齢者の方の声です。

 

 

80代後半の方。

息子の残していった物で家の中はいっぱい。

自分じゃどうしようもできないよ。

 

 

本当におっしゃる通りです。

自分では手放すか決められない多くの物が家の中にある。

もちろん自分自身の物もたくさんあると思いますが、

部屋単位で子供たちの物が置きっ放しで使えない現状、

お悩みの高齢者の方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

1つ1つの物を大切にする世代の高齢者は、

どんな物もなかなか捨てられません。

 

 

自分自身の身の回りを片付けるために、

別の部屋に物を移動してもいいんです。

でも、その別の部屋は子供たちの残していった物でいっぱいです。

 

 

 

親に片付けろと言う前に、

子供世代に自分の物を実家からすべて撤収してと私は伝えたいです。

 

 

 

高齢者は多くの物に囲まれて、

狭いスペースで暮らしています。

子供世代の方が荷物を置いたままにしているその空間を、
ぜひ、親世代へと引き渡してほしいと思います。

 

 

そうすることで、高齢者が物を手放すことはできなくても、

今使っている部屋を快適に安全にすることにはつながります。

 

 

そんなことを伝えたいなと改めて考えさせられた、

小川村講座です。

 

 

ご参加のみなさまには、

捨てるを考えることよりもまず必要なこと。

お伝えさせていただきました!

 

 

小川村のみなさまありがとうございました(^^)

 

 

 

 

収納企画トトノエ堂

大島 千恵子

 

 

2017,11,13  小川村役場 バスティ高府講座

 

 

【トトノエ堂相談室をご利用ください】

ブログでお悩みに回答するトトノエ堂相談室を開始しました!

今回の記事や以前の記事に関するご質問や、

読者さまのちょっとした疑問やお悩みをお寄せください。

 

 

トトノエ堂相談室のご利用方法は、

下のミドリのボタンから↓

MENU