収納企画 トトノエ堂

トトノエる日々BLOG

長期休みに必要な収納場所

2018/04/01
暮らしをトトノエるコツ 子ども部屋

西澤です。

 

今日から4月。

早いですねー。

ついこのあいだ年が明けたような気がしているのに・・・。

暖かな日差しが嬉しいですね(´▽`*)

 

さてさて、お子さんのいるご家庭ではもうすぐ春休みが終わるころですね。

 

長期休みのたびに学校から持ち帰ってくる大量の荷物。

その置き場所はどうしていますか。

置いておければどこでもOKなわけではなく、

・新学期が始まればすぐ学校へ持って行くからしまい込みたくない

・分からなくなるからまとめて置きたい

・絵の具セットや習字セットなど大きなものもあるのでけっこうなスペースが必要

などの条件が満たせる場所がベストですね。

 

長期休み中限定とはいえ、大量の荷物を置くスペースを新たに作るのはすごく大変です。

使っていない場所に置くのもアリですが、専用のスペースを決めてしまうとラクですね。

休み中だけ専用BOXが登場するとか、リビング収納の一角をあえて専用に空けておくとか。

親だけが管理できる高い場所ではなく、子どもも把握できる場所にして新学期の準備など自分でできたらお母さんの負担が減る・・・なんて場合もありますよ。

 

わが家の場合はワークスペースの棚が指定席になっています。

新学期から使うものはすべてここに置くという仕組み。

休み前に持ち帰ってきたものだけでなく、洗ってきれいになった上履きや紅白帽子、新しいぞうきんなどもガンガン突っ込んでいってます。

 

さあ、新学期!

ここの荷物を全部持って新たな1年が始まりますよー。

 

 

 

収納企画トトノエ堂 西澤みか

 

 

 

MENU