収納企画 トトノエ堂

トトノエる日々BLOG

工作でなんとかなったアレの意外な使い方

2018/10/14
暮らしをトトノエるコツ リビング/ダイニング

西澤です。

 

 

先週のこと。

 

うちの子ども(小6)が学校の宿題をやっていまして。

宿題をする場所はダイニングにあるワークスペースなので、

私の目が届く場所でもあります。

 

ふと、子どもに目をやった時に、目を奪われたコレ。

 

なに?

このビニール袋?

 

子どもはこの時、コピーした資料を切ってノートに貼る作業をしていました。

カッターで切り取った資料が他と混じらないように、ビニール袋に落とし入れていたんです。

 

私が嬉しかったのは、

磁石を使っていたこと!

 

この時に机の天板の裏側にも磁石がくっつけられるようにしておいたので、

活用してもらって良かったよー(^^)

 

しかも想定外の使い方。

 

私は荷物を掛ける場面を想定していたけれど、

自由な発想でいろいろな使いかたを思いつくのは子どもの方が得意ですね。

頭が柔らかい!

 

収納やモノとの付き合い方って、

”常識”とか”普通”にとらわれすぎることなく、

”ウチの場合”はどうなのか?に置き換えられることが大切。

 

どうしたら自分が使いやすいのかを考えられて、

自分が使いやすいように変えられる

そういう力を磨いていくといいなと思うのです。

 

だから今回のこの使い方、

よく思いついたね!すごい!えらい!感心した! などなど・・・

感激した私は思いつく限りの言葉で褒めたのですが、

当の本人はキョトン。

「あ、あぁ、ありがと・・・。」

 

母が褒めたいポイント、子にはイマイチ伝わらず・・・。

あ、邪魔してごめんよ。宿題、続けておくれ(^^;

 

 

 

 

収納企画トトノエ堂 西澤みか

 

 

MENU