収納企画 トトノエ堂

トトノエる日々BLOG

わたしの部屋が1番すきって言えますか?

2017/02/10
ライフオーガナイズのこと ライフオーガナイズ

私の部屋が一番すきって、言えますか?

 

 

雑誌を見て、「ああ、こんな素敵な部屋に住みたいな~」と思いつつ、

自分の部屋の現実を見てうんざり・・・

そんなことの1度や2度どころか、心の中のつぶやきは何百回とあるかもしれません。

 

 

今はこうやってお片づけの仕事をしている私も、片づけに目覚める直前は本当に残念な感じの部屋に住んでいましたとても自分の部屋が一番好きと言えるような、帰って落ち着くという部屋ではありませんでした。

 

 

もちろんプライベート空間ではあるので、1人で落ち着くとかそういったことはありますが。ただ、それだけの部屋・・・

 

 

当時の私は20代後半で仕事にも合コンにも忙しい毎日。

 

 

 

ビフォー

 

 

やりたいことが山ほどあって、手がつけられないまま放置・・・

 

 

たくさんの洋服は持っていても、。気に入っているのは1つ2つのコーディネートのみ。

出かけるたびに、散々迷った結果、結局いつも同じ服装。

 

 

夜は、部屋のファンヒーターの前でスマホをいじり、週末の合コンメンバー集め。なぜ、ファンヒーターの前かって、寒いし、そこだけしか座れる場所がなかったから

 

 

そんな毎日を送っていました。

 

 

片づけに目覚めたのは、片づけで人生が変わるかもしれないって、本気で思ったから。こんまりさんがドラマにもなったり、すごく流行っていた時でした。

 

(そしてこの時に、片づけの仕事をしようと思い立ったのです

 

 

目覚めた私は、とにかく片づけに着手!理想は、キャリーケース1つでどこにでも行けるような身軽な暮らし!
そして、ちょっとは女子らしくしてみるか!という決意。かわいいものは大好きだったりするし。

好きな物を飾ったりしたいという気持ちもある、と思考錯誤しながらの・・・

 

 

頑張りました

 

 

アフター

 

この時から、私の人生は変わり始めたなって思っています。

 

 

私があこがれたのは、なんにもない暮らし。スッキリと、軽快で爽快なお部屋で暮らすこと。

そして、この後からもどんどんと片づけ力を磨き、理想の快適生活に近づいていきました。

 

 

今は、結婚し夫と二人で暮らしていますが、片づけ力をつけていたおかげで毎日スッキリ空間で暮らせています

 

 

 

KIMG0288

この部屋は大の字に寝転がれるくつろぎスペース。

冬は寒いのであまり行けないのが今の悩み。

 

 

 

もちろん、なにもない暮らしを推奨しているわけではなく、

みなさんのあこがれの暮らしを叶えてほしいなって思っているんです。

 

 

自分の部屋、自分の家が一番好きって言えるって、本当に幸せなことだと思うんです。

自分の家は毎日帰ってくる場所で、一番長く居る場所だから。

 

 

部屋が散らかっているのは、収納をうまく活かせていないからです。物を持つことで心を満足させようとしていたりもしています。

 

 

収納は物を詰め込む場所ではなくて、あなたの理想の暮らしを叶えるための大切な空間です。もっともっと、キラキラした想いと一緒に物を収納してあげてほしいのです

 

 

雑誌を見て、テレビを見て、こんな部屋に住みたいなって思うこと、一緒に実現させませんか?

今はこんな収納私には無理って思うことも、あなたにとってラクな収納や片づけ方法を知ることで、

これから理想にどんどんと近づいていきます。

 

 

そして、お部屋が変わると気持ちが変わってきます。

きっといいことがある。前に進める。乗り越えられる。毎日が楽しくなる。

 

 

あこがれ収納入門講座は、

収納を通じて、あなたのあこがれの暮らしを叶えます

 

 

あこがれ収納入門講座の詳細はこちら

毎月第4水曜日開催予定 2017年2月22日第1回目スタート!!

 

 

収納企画トトノエ堂 大島千恵子

MENU