収納企画 トトノエ堂

トトノエる日々BLOG

見ているようで見ていない

2017/08/06
暮らしをトトノエるコツ その他

見ているようで見ていない。

分かっているようで分かっていない。

知っているようで知らない。

 

人のココロの中みたいですが、お家の中にこんな場所はありませんか?

 

モノがたくさんあって、扉や蓋が閉まっちゃう場所は、そんな傾向が強いかなと思います。

食材や生活用品のストック場所や、頂きものの置き場所なんかが当てはまりそうですね。

 

見ていたつもりだったのに、賞味期限切れてたーー!

洗剤のストック買ってきたのに、まだいくつもあったーー!

ゴワゴワのタオルを使っているけど、頂きもののタオルがたくさんあったーー!

こんな経験は、誰でもありますよね。

 

だいたい、人の記憶っていいかげんなものです。

月日の経過とともに思い込みにすりかわっていることも多いです。

 

だから見直しましょう。

収納されているモノたちのひとつひとつを。

もしかしたら絶好のタイミングで再会できるモノがあるかも!

 

こんなこと言っている私も、実は見ているようで見ていないを実感する出来事がありまして。

 

つい先日、家族で旅行をしたのですが、出発の空港で子どもがフェイスタオルを紛失してしまい、帰ってきたときに空港のインフォメーションへ問い合わせをしたんです。

空港職員のお姉さんに聞かれた、紛失した日にちや場所はすんなり答えられたのですが、フェイスタオルの絵柄が答えられない!

色は答えられるのに。

有名なキャラクターとか、特徴的なワンポイントがあったわけではないので説明しづらいのもあったんですが、淡ーい色でなんかが描かれていたような・・・(?_?)???ナンダッケ

言葉に詰まる私、横からすかさず子どもがお姉さんに絵柄の説明を始めたのですが、それを聞いてもまだぼんやりする私のアタマの中。

あぁ、そういえばそんな絵柄だったかも・・・。

数年前からウチにあったフェイスタオル。

子どものお気に入りで、普段使いはしていなかったけどたびたび目にしていたはずだったのになぁ。

見ているようで見ていないもんですね。

 

残念ながらフェイスタオルは手元に戻りませんでしたが、私にとって新たな気づきの場面になりました。

 

17-07-30-15-12-01-449_photo

 

収納企画トトノエ堂 西澤みか

 

MENU