収納企画 トトノエ堂

トトノエる日々BLOG

週刊トトノエる[第16号:人生3大片づけ期]

2017/08/04
週刊トトノエる 一緒に片づけを進めよう

週刊トトノエる、担当大島です。

 

片づけはいつ終わるとかではなくて

人生でもずっと続くものだと思っています。

 

私が最近思う人生と片づけとの関わり方を、

人生3大片づけ期という分類にしてみました。

 

①選ぶ期

②収納期

③楽しむ期

 

この3つです。

 

 

①選ぶ期

これは、自分に必要な物を選ぶ時期です。

逆に言うと物を減らす時期です。

 

片づかない原因は物を持ちすぎているからです。

意識せずに生活をしていれば物は増え続けます。

 

自分の人生を豊かにしてくれる物を選び取る。

自分と人生を共にする物を選び取る。

そんな気持ちで残す物を選ぶびとっていきます。

 

 

②収納期

自分に必要な物を選び取ることができたら

順に収納を整えていきます。

 

選び取った直後ももちろん収納していくのですが、

ここで言う収納期は使いやすい収納を

日々追求していくことです。

 

収納期になると収納という部分に関する

自分の興味も分かってきます。

 

おしゃれにしたい方は収納用品にこだわるでしょう。

空き箱や紙袋を利用して工夫するのもいいですね。

 

 

私の場合はこの収納期で収納に全て納める

ということが好きだということが分かりました。

どのくらいの量であれば、使いやすく収納に収まるか。

その量になるまでさらに選ぶことも続けました。

 

 

③楽しむ期

収納期を続けていくとある時から楽しむ期に突入します。

いつの間にか日々の片づけや収納を楽しめるようになっています。

 

物が減り自分の管理できる量になると、

置き場所や収納場所を変更するのも

そんなに時間がかからなくなります。

ちょっと気づいた時にできるようになります。

 

日々ほんのちょっとした気づきで使いやすくしていくと、

本当に気持ちの良い空間に進化していきます。

 

 

 

片づけは人生でずっと続いていくことです。

そうだったら、楽しむ期が長い方がいい。

 

人はいつか人生を終える時がきます。

人生の最後の最後まで自分の住み家を気持ちよく快適な場所にしておきたい。

私自身そう思いながら日々の片づけの楽しむ期を過ごしています。

 

 

収納内に全て物が収まっているので、広々空間でくつろいでいます。

賃貸住宅ですが、やたらデカイ収納がドーンとついているのをうまく生かしています。

 

P_20170728_221722

 

 

人生の時間は限られています。

1日でも早く楽しむ期に突入しましょう!

 

 

収納企画トトノエ堂 大島

 

MENU