収納企画 トトノエ堂

トトノエる日々BLOG

週刊トトノエる[第17号:入る収納・使う収納]

2017/08/11
週刊トトノエる 一緒に片づけを進めよう

週刊トトノエる、担当大島です。

 

片づけをするときに収納に対して

どのような考え方を持っているか?

意識してみることは

これから進んでいくのに

とても大事なことです。

 

私自身片づけを学んで取り組む前には

そんなこと一瞬も考えたことがありませんでした。

本当に!そんな視点は持ち合わせておりませんでした。

 

考えてほしいのは

このたった2つのことです。

 

あなたにとって必要なのは

「入る収納」ですか?

「使う収納」ですか?

ということを考えるということ。

 

ーーーーー家の中が散らかってしまう

もっと収納に物が入れば家の中が片づくのに。

 

この人が目指しているのは「入る収納」です。

 

でも入る収納をしても家の中は一時片づくだけです。

 

入れた物を取り出そうと思ってはまた散らかる。

 

入れた物が見つからなくて買ってきて

また物が増えて散らかる。

 

「入る収納」を目指すことは

片づけることの逆を行くことなのです。

 

それではどうしたらいいのか?

「使う収納」を目指すことです。

 

「使う収納」は収納自体を生かし使うということ。

 

収納はただ物を入れるためだけに

ドーンと陣取っているのではなくて、

家の中の空間を快適な空間に保つために

ドーンと存在しているのです。

 

「使う収納」を目指すと

使わない物をどうやって

家の中から出さずに押し込めておくか

という考えはなくなっていきます。

 

使う物を収納に納める。

使うときに収納から出して使い

使い終わったら収納に戻す。

 

難しいことではなく

ただこれができるように収納を使うのです。

 

 

「使う収納」の考え方を

1か所1か所の収納を片づけながら

実感してみてくださいね。

 

収納企画トトノエ堂 大島千恵子

 

 

押入れも使える!!大島の押入れ書斎。

難しいけれど、楽しめる収納のひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MENU