収納企画 トトノエ堂

トトノエる日々BLOG

欠けた食器を捨てるタイミング

2017/10/11
暮らしをトトノエるコツ キッチン

大島です。

 

 

増え続けた物でよく話題に上る食器。

ポイントを集めてもらった食器がなかなか割れない、

しかも使いやすいのでそればかり使っている・・・

なんていう話もよく聞きます。

 

 

いざ、片づけを始めようと思い、

食器の整理から始めてみたものの、

使わないけれども捨てられない食器。

 

 

なかなか頭を悩ませる食器です。

 

 

 

さて、そんな食器ですが。

これからこんな時にはぜひ、

食器にありがとうさようならをしてほしいと思います。

 

 

 

 

食器が欠けた時です。

 

 

 

 

 

 

先日食事をしていると、

この食器が欠けていることに気づきました。

 

 

 

私が夫に

「あ~!!これ、欠けてる!気付かなかった!」

と言ったら、

 

 

 

「あ、それ、ちょっと前から欠けてるよ。

でも、ちょっとだからいいか~って思ってた。」

そうです。

 

 

 

わかります、わかります。

今までの私ならそう。

 

 

 

でも今の私は、

「運気が下がるから、

欠けた食器は使うのやめよう」

 

 

 

運気かい!!!

 

 

 

そうですわ、運気ですわ。

よく言うじゃないですか、

欠けた食器を使うなって。

 

 

 

まぁ、この通り、

ほんのちょっと欠けてるだけなんですけどね。

 

 

 

 

 

とうことで、この食器はさよならしました。

 

 

 

この時大事なのは、すぐに不燃物に入れて、

捨てる準備をするということです。

 

 

 

 

今度のゴミの時にやればいいや、じゃなくて。

気付いた今、スタンバイしておきます。

 

 

 

 

この食器は親戚が手作りしているもので、

「欠けやすいから欠けたらどんどん捨ててね。」

と言われていることもあります。

 

 

 

そして、どんどん食器が実家に届き、

時々掘り出しにいきます。

ありがたいことです。

 

 

 

先日、お気に入りの食器も欠けたので、

ちょっとショックでしたが。

 

 

 

欠けた食器を捨てるタイミングは逃さないようにいきましょう。

きっと、食器棚にはたくさん食器があると思います。

引き出物もたくさんあるでしょう。

 

 

 

欠けた食器にありがとうさようなら。

毎日の食事のことだから、

1軍食器(お客様に使う食器を自分で使う)

を使って気持ちよく暮らしましょ♪

 

 

 

収納企画トトノエ堂

大島 千恵子

 

 

 

MENU