【キッチン収納】何かと困るゴミ箱問題!解決アイデア

毎日生活をしているだけで

「こんなに?!」とびっくりするくらいのゴミが出るもの。

意識しないと”ゴミを少なくする”ということが

難しいということにも気付かされますよね。

料理を作るだけでも、キッチンにはたくさんのゴミの種類が出てきます。

ゴミ箱を置くスペースがない!

分別ゴミの種類が多すぎる!

キッチンに置きっぱなしのゴミがストレス!

今月は、そんなお悩みを解決するヒントをお伝えします。
みなさんの参考になることがあれば嬉しいです♪

 

 

必要な分別ゴミ箱の数と、置く場所を決めよう

必要な分別ゴミの種類はどれくらいありますか?

そもそも全部にゴミ箱は必要か考えてみましょう。

「ゴミ箱」として売られているものだけがゴミ箱ではありません。

「今日からキミはゴミ箱だぞ」と決めて使えばいいのです。

まずは、よく出るゴミの種類を把握!

そして、どこに置くのが一番いいのかを決めてみましょう!

それぞれのゴミ箱の必要な大きさを知ろう

ゴミ捨ての頻度も考えて、

出るゴミの量を大・中・小に分けてみましょう!

 

転勤が多い方などはいつも同じ大きさのキッチンになるわけもなく、ゴミ箱問題はお悩みも大きいですよね。

「おしゃれに全部揃って」いるから使いやすいわけではありません。

必要な場所に必要な量が入るスペースがある方が使いやすいのです。

ゴミ捨ての日が何度もあったり、外出時についでに捨てられる場所があるならば、

それほど大きなものも必要ないかもしれませんよね。

その場合必要なのは、大きなゴミ箱よりも「ついでに捨てられる」ようになる習慣づくりなのかなと思います。

スーパー、ホームセンター、事業所、リサイクルセンターなど、出しやすい場所を探してみましょう。

 

ゴミ箱の見た目の問題も工夫してみよう

同じ大きさや種類でゴミ箱を揃えられると、スッキリ見えて気持ちがいいもの。

でも前述の通り、揃っていることと使いやすさは別物です。

 

「自分の生活に必要なサイズと場所」が分かったら、
あとは工夫で乗り切ることができますよ!

 

キッチンは毎日使う場所なので、少しでも「見た目ストレス」も減ると嬉しいですよね。

・小サイズでいいものは、好きなエコバッグで引っ掛け収納にしてみる

・とりあえず一つにまとめておいて、いっぱいになったらベランダや外物置などの「家の外」に出しに行く

・ダンボールなどでDIY!見た目問題はリメイクシートで解決してみる

などの工夫もいいかもしれません(*’▽’*)

「私は何にストレスを感じているんだろう?」

そこをじーっと考えてみて、見た目にも使い勝手もよくなる工夫をしてみましょう!

家族にも分かりやすい工夫もお忘れなく。

 

ゴミが家の中に入ってくる「入り口」も整えていこう

ゴミをまとめる、捨てる、

という出口のことをお伝えしましたが

やはり前提として有効なのは、

「少しでもゴミになりそうなものを最初から減らしてみる」

という、入り口から整えてみるということ。

 

ゴミを増やさない工夫として、自分の生活の無理のない範囲から
減らせるものを考えてみてはいかがでしょうか。

例えば、よく言われてることですが、

・レジ袋をもらわずエコバッグにする。

・ペットボトルを買わずに水筒を持参。

・食材をムダにしない。

・缶詰じゃなく、パウチのもの。

・紙の保存よりデジタル化。

モノの整理の前に余計な収納用品を買わない(笑)

などなど。

自分が簡単にできそうなものから、Let’s try !

 

何かのヒントになることがあれば嬉しいです。

トトノエ堂では、毎月暮らしの習慣をつくるイベントをやっています。
三日坊主からの脱出を目指して、全国からお申し込みあり。
心地いい暮らしをつくる自分になるために、習慣の力を一緒につけませんか?
ぜひお気軽にご参加くださいね!

関連記事

  1. 【片づけの考え方】キレイにすることだけを目指さなくていい!

  2. 【ランドセルの置き場所】どこにどう置く?

  3. Windowsデスクトップで使える付箋が便利

  4. *LINE相談 紹介* ステイホームからの悩み。家の中のゾー…

  5. お片づけ苦手さん必見!家づくりに役立つ情報ブログはこちら

  6. 「片付けの資格を取りたいけど、どんな資格があるの?」

PAGE TOP