2021年スタート!新:トトノエ堂通信【片づけのスイッチ】

明けましておめでとうございます。
トトノエ堂です。
2021年もどうぞよろしくお願いいたします!

今まで3年以上に渡って、月に1回「トトノエ堂通信」を発行してきました。
スタートは紙媒体での手書きだったのです。
覚えてくださっている方もいらっしゃるでしょうか。

お客様にお届けしたり、イベントで配ったり、手書きの温かみのようなものに
嬉しいお声をいただいてました。
その後、LINE公式アカウントを持ったことでWEBでの配信となったトトノエ堂通信。

2021年からは、ホームページにて新たにスタートいたします。
今までのWEB通信では、LINEに登録いただいた方への配信になっていましたが、
これからはこの「片づけのスイッチ」カテゴリーで記事を積み重ねていきたいと思います。

みなさま、今月からはこちらでお付き合いくださいね!

 

新トトノエ堂通信【片づけのスイッチ】って?

部屋が散らかっている時、こんな風に思うことはないでしょうか。

「はぁ・・・片づけなきゃとは思うけど、やる気が出ない・・・。
わたしの片づけのスイッチ、一体どこにあるの?
こんな時、他の人はどうしてるんだろう?」

どうにもこうにも大変なときや疲れているときに限らず、
毎日暮らしていく中では体力がある日、気分のいい日もあれば、
なんとなく元気が出ない時、全てがめんどくさい時、
気にかかることがある時、凹んでる日、なんていう時だってある。

でも、そんな時に
その散らかっている状態が長く続きすぎることで、余計に疲れてしまったり
そのうちにそれが「いつもの」状態になってしまうこともあるわけです。

あと、片づけが苦手だと思っていても
「自分にとってのやりやすい方法を知らないだけ」ということも
案外あるものなんですよね。

他の人がどうやって「片づけのスイッチ」を入れて暮らしているのか?
自分にも取り入れやすいことは?
わたしもちょっとスイッチONしてみようかな?

なんて、一歩が出やすくなるキッカケにしていただけるといいな!
と思っています。

見た目のきれいさだけが、片づけの目的じゃない!
自分にとっての心地よさ、使いやすさ、リラックス、パワー充電が
その部屋で叶えられますように。

そんな気持ちから、気になるあの人この人へのインタビューも交えながら
これから月に一度の片づけのスイッチ記事をお届けします。

まずは、
トトノエ堂スタッフの「片づけのスイッチ」をお届けしますね。

どうしたら片づけのイライラが減ったのか?
体も気持ちも疲れてる時の片づけのスイッチはどこにある?
参考にしていただけることがあれば嬉しいです。

「これくらいでOK」がんばりすぎないマイルール

スタッフ村仲です。

この「片づけのスイッチ」を機会に、
わたしの毎日の中での、「片づけの変化」を改めて思い返してみました。
いろいろな時期で、自分なりの「マイルール」を作ってきていたみたいです。

・子供の頃から結婚するまでの実家暮らし時代、
・結婚してからの子育て全盛期、
・子供も大きくなってきての現在、
と、その時その時で片づけのやり方もストレス度も全然違うなーと
振り返ってみると気づくことが多いものですね。

夫は夜も遅く、子育てでは乳幼児期を含めてほぼワンオペ育児だったため
表面的に「見えるもの」「ビジュアル」だけを整えてきれいにしよう、
と思うと100%無理で・・・。
出来ないが積み重なり過ぎ。時間もない。
特に乳幼児期は気持ちの面でも辛かった記憶があります。

そんな時、理想は理想として、
「これくらい出来てたらOKにする」を漠然と決めてみたことが
とても自分にとってラクになることであり、毎日の役に立ってくれました。
家族へのイライラや、出来ない自分へのイライラも減っていったように思います。

罪悪感や無力感なんて持つ必要なし!
毎日なんとか暮らしてるだけでも大したもの!と思ってた感じでしょうか。

「これくらいでオッケー」のマイルールは今も中身を変えつつ続行中です。
見た目のキレイさだけを考えていた頃の片づけは、
やってもやっても終わりのないエンドレス状態でしたし、
インテリアもいつも何か不足感があったような気がしてます。
今は、とてもラク!自由気ままに楽しんでます。

家事・片づけのスイッチ

今年のお正月は帰省しなかったこともあり、自宅でのんびりだらだらと。
気づけばお昼もすぎ、朝からの食器がそのままなんていう日もありました。

「めんどくさいなー」と感じつつも、片づいてない状態も気持ちが悪い。
わたしの場合、休日にそうなることが多いです。
そんな時には、いつも以上に意識してスイッチを入れないと動けません。

わたしの片づけスイッチの入れ方は、「めんどくさい」の感情を切り離すことでONにすること。

スッキリしている部屋の気持ち良さはよく分かっているので、
めんどくさいと感じても、やっぱり片づけたくなります。

まず「立つ」!

これがきっかけになります。
感情をOFFにして、立ってその場所まで行ってしまうと、
案外手が動いてくれます。

家事の中では掃除がとくに面倒になりがちなので、
「ためるとあとで掃除が大変だな」なんて考えることも
スイッチをいれる一つになってるかもしれません。

あと、疲れ過ぎてるときは、まず自分を大切にゆっくりして、
目一杯ゆるんだらで大丈夫。と思ってます。
復活できたら「よし!」と大きめのスイッチを入れています。

気持ちいい部屋にリセットできると、やっぱりとても気持ちがいいですね!
自分に合った片づけを知って、
スッキリ感を実感できていることも大きいなと思います。

(収納企画トトノエ堂 村仲なおこ)

片づけのスイッチを入れてみよう!

スタッフ村仲の片づけスイッチは

▷ めんどくさい気持ちを一度OFFにすること

▷ まず、立つ!それをきっかけにして動いてしまうこと

▷ 溜めてしまったあとの大変さを思い出すこと

でした。

あなたの片づけスイッチはどこにありますか?
どんなことでしょうか?

片づけの正解もゴールも一人ひとり違うように、
スイッチの入れ方もきっとたくさんあるはず!

参考になることがあれば試してみたり、
これいいよ!ということがあれば、ぜひトトノエ堂にも教えてくださいね♪

「片づけのスイッチ」は毎月1回お届けします。
読んでいただき、ありがとうございました。

トトノエ堂のサービス一覧はこちらから

トトノエ堂では、毎月暮らしの習慣をつくるイベントをやっています。
三日坊主からの脱出を目指して、全国からお申し込みあり。
心地いい暮らしをつくる自分になるために、習慣の力を一緒につけませんか?
ぜひお気軽にご参加くださいね!

関連記事

  1. 【片づけのスイッチ/3月】やる気を待つ必要なし?それどんなス…

  2. 【片づけのスイッチ/2月】考えなくてもいい工夫で乗りきってま…

  3. 【片づけのスイッチ/4月】片づけのプロでもスイッチはいろいろ…

PAGE TOP