【片づけのスイッチ/3月】やる気を待つ必要なし?それどんなスイッチですか?

 

 

【お知らせ】

\暮らしの習慣づくり・3月/
3/1(月)当日まで募集してます。三日坊主の自分から脱出する人がたくさんです!
やりたいことを叶える自分の習慣を一緒に作りましょう。ぜひお気軽にご参加くださいね。

 

 

ご訪問ありがとうございます。
3月になりましたね〜!

2021年のトトノエ堂通信は、暮らしまわりのことを工夫されている方々に、

片づけるためのやる気の出し方を、
【片づけのスイッチ】として教えていただこう!

そんな企画をして、お話をお聞きしています。

片づけ方は人それぞれ違っています。
私たちが片づけサポートに伺うときも、
その方とそのご家族に合わせたやり方を常に考えてお片づけを進めますが、
スイッチの入れ方だって、みんな違うはず。

今月は「リセッターリスト」代表の山本香織さんにインタビューさせていただきました!

山本さんはイラストレーター、デザイナーとしてお仕事をされながら、
家事に悩む方々のサポート活動をされています。

「リセッターリスト」とは、自分の暮らしに合わせて仕組み化した家事リストのこと。
どの家事を、どの頻度で実行すれば、自分が心地いいと感じる状態に「リセット」できるのか。
その答えを見える化したものが、リセッターリストです。

【ホームページより】

ご自身が家事のやり方に悩まれたところから生み出され、
自分基準での家事を仕組み化されました。

子育てと仕事の両立に悩んだからこそ、自分なりのやりやすさを見つけていかれたとのこと。
どんな片づけスイッチをお持ちなのでしょう?
聞いてみました!

 

リーダー?アシスタント?それぞれが主体性を持って暮らしたい。

ーーーコロナ禍になり、山本さんのご家庭でも変化があったとお聞きしました。
メインはイラストやデザインのお仕事なので、もともと在宅ワーカーですよね?

 

はい。わたしの暮らしはほぼ変化はないのですが、夫も100%リモートになりました。
常に大人ふたりが家にいる状態で、仕事をするように。

オンラインでの会議が多い夫に今までのオフィススペースを譲ったので、
わたしは家の中の別のスペースに移りました。
家庭内オフィス引越しをしたことが大きく変わったことですね。
でも、フロアも違うので、お昼ごはんの時に会うという感じです。

 

ーーー単純に、お昼とかも常に二人分で大変そうです(笑)

 

タイミングが合うときには、準備も片づけもラクなので一緒に食べてるんですけど、
朝にそれぞれのミーティングなどの確認をしあって、お昼の時間を決めてます。
余力のある方が準備や片づけをする感じでしょうか。半々くらいかな?

会議が何時にあるのか、いつZOOMしてるのか、それが分かってないと
大変なことになります(笑)
朝それを言い合っておくことで、対応できるようにしてますね。

 

ーーー確かに、オンライン中に部屋に入っちゃったら・・・汗でますね(笑)
テレワークなどで夫婦での在宅時間が増えたりすると、
「ちょっとこれやっておいて」とか「このくらい察してやってほしい」とか、
そんなやり取りやすれ違いも増えそうですが、そういうことで何か工夫してることはありますか?

 

夫がリセッターリストを活用してくれるようになったんです。
ずっと家にいると、「あそこを掃除しようかな」とか「これはリストに載ってたかな?」とか、
チェックしてくれるようになりましたね。

なので、今までのリストはわたしがメインで作っていた家事のリストだったものを、
夫がいるバージョンに一緒に修正しました。

 

 

ーーーたしかに長く時間を過ごすことで気づくことも違ってきますよね。

 

自分が気持ちよく過ごすために、ここを今掃除しちゃおうとか流れに乗れますよね。
たまにいる場所みたいだと、自主的にという気持ちも減っちゃいますよね。

ずっといる人がリーダーになってしまいがちで、今まではどうしてもわたしが管理をしてて、
それを夫がサポートするような感じだったのが、
完全にリモートになったことで、お互いが主体性、当事者意識を持ってやれる感じに
なりました。

 

 

ーーーそれをお聞きして思い出しました。
最近わたし、夫から、お皿を食洗機に入れる時に「こうした方が上のものもよく洗えるよ」と言われたことがあって。
「これ、洗えてないよ」ってことだったんですけど、よく考えてみれば、
それだけ夫が後片付けをしてる回数が多いのかも、と気づいて。
やる機会が多くなればなるほど、主体的になるから気づくことが違いますもんね。
感謝しつつ、もっと夫に任せよう(笑)と思ったところです。

 

それって、やっぱり当事者になってきてるってことだと思うんですよね。
その時に大事なことは、自分が正解だと思いすぎてはいけなくて。
自分が正解を知ってると思っちゃうと、いつまでも一人リーダーから抜け出せなくなっちゃうんです。

 

ーーーリーダーとアシスタントという関係と、それぞれがリーダーという関係は違いますよね。

 

人によって、一人リーダーがいいっていう人もいるし、それはそれで全然いいと思います。
ただわたしは自分で主体性を持ってやってくれる方がうれしいので、
気づいたらどんどん言ってね〜という感じです。
言われたら「じゃあ、そうしよう!」と言うようにしています。

 

 

「あとでやろう」が積み重ならないように

ーーーお部屋がスッキリしている感覚や、片づいている感覚は一人ひとり違うものですが、
山本さんが考える「心地よく片づいている状態」の基準とは?

 

出しっぱなしになっていない状態ですね。
「あとでやろう」というものが、積み重なってない状態。

「あとでやろう」がアチコチにあると、心地悪いなあと思います。
できるだけそれがないように心がけていて、それが達成できていると心地いい!

でもこれは平日のことなんです。
週末は散らかっていても全然よくて、みんなが好きなようにやれていることが
わたしにとっての心地いい状態ですね。
日曜の夜や、月曜の朝に元に戻せばいい。

 

ーーーメリハリですね。
「ずっとキレイな部屋」を求めちゃうと、家族みんながお互いイライラします。
片づけのタイミングを決めたり、ゆるい時間をつくるって必要ですよね。

 

忙しい時って重なりますよね。そんな時は散らかって当たり前!
毎日リセットしなきゃいけないということは全くないんです。
今週は何もできないってときや、今週は冷凍食品に頼ろう、とか、ちょっとした
自分の逃げ場というか、心の持ちようを分かっておくことが大事なのかなと思ってます。

 

ーーー自分で自分のことを切り替えるんですね。


だから冬休みや夏休みなどの長い休みは大変なことになりますよ(笑)

でも、それはそれでね、まぁいっか!と思ってやってます。

 

大事なポイントは、自分の時間の見積もり

ーーー家事、片づけってしっかりやろうと思うと終わりが見えないですよね。
その辺りはどう付き合ってますか?

 

際限なくできちゃいますもんね。
だから終わりを設定しないといけないと思うんです。

家事とか片づけに費やせる時間って、働き方や家族構成など人によって違ってくるので、
そこに割ける時間がどのくらいだったら自分の苦痛にならないのか?というのを
見極める必要があるんです。

2時間かければ全部できるけど、それ毎日できますか?ってこと。

 

ーーーできません!

 

本当は30分しか時間を割けないのに、膨大な量の家事をそこに押し込もうとしてたら
やっぱりあふれます。追いつかない。

自分にとっての適量を見極めて、毎日コツコツやるのが一番いいのかなと思います。

わたしは朝8:30に仕事をスタートすると決めているので、
娘が登校したあとその時間までできることをします。
終わらなかったものは次の日でいいし、それでも追いつかなかったら、
求めているものが多すぎるのか、とか、もう少し家事に時間を割いた方がいいのかなとか考えます。

そのへんは気持ちのバランスなので、パズルのピースをはめていく感じで組み立てていきます。

 

ーーーたしかに、自分が忙しい時って、自分がどれくらい家事に時間を費やせるのかって
考えないかもしれません。
気持ちばかりが焦ったり、できなかったことにガッカリしたり、罪悪感も。

 

そうなんですよ。
家事って、その都度どんどんつながって思い出しちゃうじゃないですか。
連想ゲームみたいに。
手当たり次第やると大変なので、わたしの場合はそれをリストを使って、
「書いてある通りにやっていく」だけなんです。5分くらいで終わるものばかりなので、
ギュッとすれば結構終わっちゃうんです。

 

ーーー何やろうか、と考えるところからスタートすると、それだけでも時間かかりますもんね。
リストがあることで淡々とできるということですね。

 

そうそう。何も考えなくていいんです(笑)
決まったことだけなので、手だけ動かせばいいんです。

 

ーーー自分が費やせる時間をはじめに見積もっておくのが、大きなコツですね!
決めた時間内にできることをする方が、心も健やかでいられそうです。

 

そうそう。ガッツリやりたい日はやればいいですしね!
気になっている家事が終わっていれば、その後仕事があっても気を取られることが減りますし、
好きなことをしてても罪悪感もいらないし^^
決めたことを全部やり切ろうとしなくてもいいんです。

 

ーーー真面目な人ほど、がんばらなくちゃと思ってしまいがちですが、
いいんですよね。自分の暮らしと、見積もった時間の中でやりくりしていければ。
バランス、大事に考えてみたいですね。

 

片づけのスイッチ

ーーーそんなバランスの取れた毎日をお過ごしの山本さんですが、
お片づけがめんどくさい!やる気が出ない!そんな時はどうされてるんですか?
片づけのスイッチを教えてください!

 

そうですね〜。なんだろう?
「リセッターリストを見る」ということ自体が、スイッチなのかもしれません。

 

ーーーリストは紙でプリントアウトして使うんですよね。
よく見える場所に貼られているということですね。

 

毎日の家事を1週間ごとでリストを作るんですが、その中に片づけの項目も入ってます。
例えば、「リビングの片づけ」など。
リストを見て、淡々と動く、という感じですね。

 

ーーー他に何かありますか?

 

元気が出る音楽や好きなラジオをかけて、いろいろ考えずにやってます。
リストを見て、音楽をかければ、なんか動けるだろう!という感じかな^^

全然できない日もあるんですが、めんどくさい、やる気が出ない、っていう
そこまで行かずに済んでいる時は、多分リセッターリストがあるおかげですね。

やる気を待つ必要がないというか(*’▽’*)
もう流れで、それを見てやればいいんです。

 

ーーーやる気を待つ必要がない!かっこいいです^^

 

(笑)
どっちかというと、家事って退屈な作業だなと思うので、

耳が退屈しないようにして工夫してやってます。

 

ーーー自分なりに楽しくできるようにテンションを上げながらだと、
毎日の決まったことも楽しくできそうですね!

教えていただき、ありがとうございました!

 

片づけのスイッチ、ぽちり。

自分でデザインする家事リスト「リセッターリスト」代表の山本香織さんの
片づけのスイッチは

自分なりの家事リストを見ることで、
やることを淡々とこなしていく。

元気が出る音楽を聞いたり、好きなラジオを聴きながらやる。

でした!

 

自分なりの家事リストづくりに興味がある方は、
ぜひホームページにアクセスしてみてくださいね!


家事ラジオ「あの人の毎日」も、いろいろな方の家事のやり方のおしゃべりを
聴くことができます。

ちなみに、#4 #5 #6 の回では、
スタッフ村仲も家事のこと、片づけのことのお話をさせていただいています(*’▽’*)

 

 

あなたの片づけスイッチはどこにありますか?
どんなことでしょうか?

片づけの正解もゴールも一人ひとり違うように、
スイッチの入れ方もきっとたくさんあるはず!

参考になることがあれば試してみたり、
これいいよ!ということがあれば、ぜひトトノエ堂にも教えてくださいね♪

「片づけのスイッチ」は毎月1回お届けします。
読んでいただき、ありがとうございました。

 

トトノエ堂では、お片づけのサポートなどで
「あなたが押しやすい片づけのスイッチ」を探してお伝えもしてます!
「体験片づけサポート」や「オンライン片づけ相談」をご覧くださいね。

お片づけのサービスはこちら

関連記事

  1. 【片づけのスイッチ/9月】80歳の先輩に聞く!先のことを思い…

  2. 【片づけのスイッチ/7月】自分の当たり前をアップデートして快…

  3. 【片づけのスイッチ/8月】80歳の先輩に聞く!変化する時代~…

  4. 【片づけのスイッチ/2月】考えなくてもいい工夫で乗りきってま…

  5. 【片づけのスイッチ/10月】人気カフェの店長さんに聞く!家事…

  6. 2021年スタート!新:トトノエ堂通信【片づけのスイッチ】

PAGE TOP