【片づけのスイッチ/6月】子供と相談?3人育児を乗り切る工夫

ご訪問ありがとうございます。
6月になりました!みなさま、いかがお過ごしですか?

トトノエ堂では、今「片づけの習慣づくり」のモニターさま期間でして、
毎日メンバーさんたちがお片づけや習慣づくりに取り組まれています!
周りの人のがんばりって、本当に伝染していくものですね〜。
本格スタートは7月から!今月中旬以降に募集をはじめる予定です。


さて。
2021年のトトノエ堂通信は、暮らしまわりのことを工夫されている方々に、

片づけるためのやる気の出し方を、
【片づけのスイッチ】として教えていただこう!

そんな企画をして、お話をお聞きしています。

片づけ方は人それぞれ違っています。
私たちが片づけサポートに伺うときも、
その方とそのご家族に合わせたやり方を常に考えてお片づけを進めますが、
スイッチの入れ方だって、みんな違うはず。


今月は先月に引き続き、お客様のリアルなその後をお届けします!
6歳、2歳、新生児ちゃん、3人育児中ママさんの工夫には、
暮らしやすさのヒントが詰まっていました。

 

想像するだけで目が回る小さな子供たちの子育て。
子供の成長とともに、大変さも楽しさも変わっていきますが、
手も、時間も、心配りも、ありとあらゆる忙しさがギュッと詰まってるのが
子供が小さな頃の子育て期間かと思います。

Mさんは、以前トトノエ堂がやっていた連続のお片づけ講座に来てくださって
ご自分で自宅の片づけを進められ、その後新しいおうちを建てられました。
その間お子さんも増え、家事も増え、やること満載。
実際、どんな工夫をされているんでしょうか?!

 

コロナ禍で変わった生活のリズムと、子供とのアレコレ

ーーーコロナ禍でご家族の過ごし方も変わったとお聞きしました。
1年以上経ちましたが、今はいかがですか?

主人の働き方が変わったんです。月に半分はリモートでの仕事になりました。
だいぶペースもつかめてきた感じですが、でも大変さはありますね。
食事の準備とか。残りものばかりじゃかわいそうだし、準備やあと片づけなど
やることも増えました。

 

ーーー優しい!ご主人、幸せですね^^
家事の流れも変わりましたか?

 

そうですね〜。朝は子供のお弁当とか、私が出かけるときには
主人のお昼ごはんの用意もするようになりました。
2番目の子も保育園に行くようになったので、バタバタです!

 

ーーー本当に忙しいですよね・・・、朝は特に!

 

今回、家事の流れを改めて書き出してみたんです。
そしたら、「もっとうまくできないかな?」「意外とスキマ時間もありそうだな」
なんてことを思いましたね〜。あっという間に時間が過ぎちゃうんですけど。
でももっとできるのかも?!なんて。

 

ーーー確かに、書き出してみると分かることって多いですよね。
無意識で過ごしちゃってる時間もあるのかもしれませんね〜。
「ボーッとしよう!」と思って前向きにのんびり過ごす時間と、
「気づいたら、ボーッとしてた・・・」と思って過ぎちゃう時間は違いますから。

 

15時には子供が帰ってくるので、お迎えに行って、公園で遊んで、
という毎日です。あっという間です^^;

 

何のために、何に時間を使っていけばいいのか?

ーーーそんな毎日の中でも、Mさんは「効率的に時間を使う」こととか、
「家事の工夫」「興味のあることを学びに行く」ということをされてきたと
お聞きしてますけど、子育てのスキマ時間をどう使うのかなど、
意識してきてることはあります?

 

これをやっておくと毎日の生活が楽になるだろうな、ということや、
ストレスが減るだろう、ということに時間を割くのが大事だなと思ってやってます。

毎日同じリズムだけだと苦しくなっちゃうと思うんです。
なので、毎日の中で楽になったり、豊かなことへ繋がること、
そんなことに時間を使っていきたいなと思ってます。

 

ーーーこれからよくなるということへの投資の時間を作るということですね。

 

 

家事の効率をよくするために

ーーー家族が増えると、家事量や家事時間も増えますよね。
洗濯とかは、朝派ですか?夜派?

 

基本、今までは夜1回でしたが、最近は夫がリモートで
夜遅くまで仕事をしてるので、洗濯物が出るタイミングが変わったんですね。
なので、朝にももう一度やるようになりました。

 

ーーー家族のリズムが変わると、家事のやり方も変わりますよね。

 

保育園の洗濯物も増えたので、洗濯回数を増やしました。
家事としては増えたけど、洋服やパジャマがうまく回るようになったんです。
それぞれの干す時間も短くなりましたね。

 

 

ーーーなるほど。そうですよね。
家事を効率よくしよう!と思うと、減らすことばかりに目が向きますけど、
実は増やすことでうまく回るようになることってありますよね。

 

そうですね。それはすごくそう思いました!

 

 

ーーー他に、何かを増やして楽になったということはありますか?

 

あと、洋服の収納場所を増やしました。
子供の洋服類を全部同じ収納スペースに入れていたのを
「翌朝着るもの」のケース、「パジャマ」のケース、など、仕分けるようにしたんです。

そのケースごと朝出しておくと、子供がそこから自分で着替えてくれるようになったり、
下の子の着替えなども、夫が「何を着せればいいの?」と迷わずにやってくれるように
なりました。
今までは全部わたし一人がやっていたんですよ。
夫もやってくれると、本当に助かりますね。
「そのコーディネートはちょっと・・・」みたいなのもなくなりますし^^
分けるという手間はあるけれど、その後のストレスが減って使いやすくなりました!

 

ーーーやっぱりそういうことって一般的にお母さんがやることが多いですけど、誰でも分かりやすい、手を出しやすい仕組みがいろいろなところにあると、負担も分散されていきますよね。

 

そうですね〜。ちょっとしたことですけど、毎日となると大きいです。

 

ーーーこれからもご主人の戦力に期待大ですね!

 

 

子どものお片づけの工夫

ーーー片づけの講座に出てくださってから、ご家族に変化があったとか?

 

そうなんです!
使ったら使いっぱなしの夫なので、子供のおもちゃが散らかっていても
それも気にならない人だったんですが、そこに変化が。
自ら片づけてくれるようになりました!

朝、わたしが子供たちを園に送りに行ってる間に、リビングに出しっぱなしに
なってた子供のおもちゃや本とかを片づけてくれてあるんです。
変わったな〜と思います。小さなことだけど、うれしいです。

 


ーーーそれは、うれしいですね〜。
リビングに散らかりがちなものの収納は、どう工夫されているんですか?

 

結構、話し合うようになったんですよ。片づけの講座で学んでから。
夫ともそうなんですが、特に子供とも話すようになりました。

「どうやったら片づけやすいかな?」とか「どうだったら見やすい?」とか
話をすることが増えましたね。

結局、本人が使うところですし、本人に片づけてもらいたいので。

そうすると、「あそこがいいよ」とか「ここがいい」とか言ってくれるんです。
あまり細かくは分別しないようにはしていて、ざっくり戻せるくらいのケースを使ってます。
自分で考えているので、やりやすそうです。
場所は、リビング近くの和室の押し入れにおもちゃの収納を作りました。
夫も自発的に片づけてくれ始めているので、リビングに何も散らかっていない心地よさを
夫が感じてきてるのかなと思います!

 


ーーープラレールなどの大物おもちゃなどは2階に場所を作ったそうですが、
おもちゃも住み分けをしてるという感じですね。
メインの1階を特に心地よく過ごすために気をつけていることは?

 

わたしは見た目のストレスが大きいので、とにかくスッキリさせておきたくて
モノをあまり置かないようにしています。
つまらなさはあるかもしれないんですけど、それで掃除がしやすかったりして
家事もラクになるので。

・・・確かに、掃除のしやすさっていうことはよく考えてるかもしれませんね。

 

 

ーーーそこが基準になってるんですね。買い物する時も、それが基準なのでストップがかかるということですが、実際に「毎日の片づけ」というところでは何の変化がありましたか?

 

とにかく、時短です!ぐちゃぐちゃになってても、リセットしやすいんです。戻しやすい!
とてもラクになりました。

 

ーーー分かります!私たちも講座でいつもお伝えしてますが、本当は「片づけ」って
「使ったモノを元に戻す」というだけの意味なんです。
多くの方のお悩みは、その「片づけ」ではなくて、その前段階で困っていらっしゃることが多いです。
今のMさんは、いる、いらない、という整理のステップが「買い物をする段階」で
もう終わっているんですね。あとは、それをどこに置くといいのかとか、
収納の工夫だけを考えればいい、という状態なので、いい流れができてるんだなと感じます!

 

本当に余計なものを買わなくなったんですよ。
すぐ形から入っちゃうタイプなので、今までは「これを買えば整っていくんじゃないか」とか勝手にイメージしちゃったんですけど、今はまず「あるもので一度やってみよう」ということができるようになりましたね。節約にもなってます。

とにかくリセットしやすいので、前のおうちに住んでいた時よりもずっと心地がいいです!
使いやすいところに、使うものがあるって、本当に楽なんですね〜。
本当にあの講座のおかげだなと思ってます。新居の家づくりに本当に役に立ちました。

うちは収納スペースも多くないので、だからこそ、何をどこに入れるのか、どう使うのかというのがとても大切でした。

 

言葉ひとつで抵抗感が減った

ーーーお子さんとのお片づけや見直しでの工夫があるとか?

 

そうなんです。
わが家では、捨てることを「卒業」って言ってるんです。
おもちゃを見直したい時など、息子の方から「卒業するおもちゃを考えよう」
って言うんですよ。

(まだ6歳の息子くん!すごいな〜)

私自身がもともと「捨てる」ということに抵抗があったんですけど、
「卒業」と言葉を変えるだけで、「感謝だな〜、ありがとね!」と見送れる感じになりました。

 

ーーー確かに、言葉ひとつで変わりますよね。お子さんたちといつも一緒に見直しをされてるんですか?

 

はい。最近では春休みに一緒にやりました。
「一緒に卒業を考えよう」というと、すごく賛同してくれるんですよ。

 

ーーーお母さんが意識して毎日やってるのを子供は横で見ていますし、伝わってるということは多いかもしれませんね!

 

本人は「片づけが大変なこと」って思ってないかもしれません。
私もガミガミ言わないので。
「ほら!片づけなさい!」とか、息子の今までの6年間の中であまり言ってないと思うんです。

だから片づけ自体が嫌じゃないのかもしれません。
あとは、わたしの気持ちの余裕が大事なんだな〜と感じてます。
まぁ、片づけに関しては、ですけど^^
お兄ちゃんがそんな感じなので、下の子はまだ2歳ですけど、一緒にお片づけをしていますね。

 

ーーー2歳児のお片づけってどんな感じですか?

 

「ないない!」と言って、おままごとセットを決められた箱にまとめていれる。
みたいな感じですね。でもいつも同じ場所にしっかり持って行ってます。
収納の位置はお兄ちゃんが一緒に話して決めてくれました。
自分の触って欲しくないおもちゃに触られないように(笑)

 

 

ーーー本人が考える!大事ですね。

 

片づけのスイッチ

ーーーやる気の出ない時もあるかと思いますが、Mさんの「片づけのスイッチ」を教えてください!

 

ノートに書くことが好きなんです。なんでも書いてます。
そこにやることを書き出しておくのがスイッチになってます。
思い立ったら書いてますね。次の日にやることとか、1週間後までにやることとか。
まず書くことから始めて、次に日にちを決めていきます。

この間押入れを片づけた時は、その日にやろうと決めたら、他の予定はなるべく入れないようにして。
(ちょっと大きな片づけだったので、前後の日にも余裕を持たせたとのこと)

片づけ切れるくらいの余裕があると、「もう時間ないからここに入れちゃえばいいかな」
というのが防げる気がしてます。

 

ーーー大きなスペースの片づけの時は、日程と気持ちの余裕は大事ですね。日々の小さな片づけの方はどうですか?

 

ご褒美を用意します(笑)
おいしいおやつとか。大体おいしいものが多いですね^^
ランチにちょっとパンを買ったりして、リモートで仕事してる夫と食べたりとか。
片づけた後にご褒美を用意しておくと進むタイプです!
スイッチがピッと入る感じです。

あとは、普段はテレビとかが見れないので、ながら作業の時とか、
作り置き料理をしてるときに、録画をながしながら料理するのも楽しいですね。
音楽とかも。それもスイッチの一つかなと思います。

 

ーーー家事も片づけも、毎日同じことの繰り返しなので、ちょっと小さなご褒美とか楽しみとか、少しの変化を持たせながらできるといいですよね〜。
たくさんの工夫とスイッチを教えていただき、ありがとうございました!

 

片づけのスイッチ、ぽちり。

「3人育児中のママ」Mさんの片づけのスイッチは

「ノートになんでも書き出して、やることを決めておく」スイッチ

「小さなご褒美作戦」スイッチ


その他にも、子供のお片づけの工夫として、

おもちゃは「捨てる」のではなく「卒業」。ありがとう!で見送る。

子どもや家族と一緒に、お片づけのことも話し合う。

片づけるのは子供たち。本人に決めてもらう。

でした!

家族構成や、働き方の違いで、取り入れらるスイッチも違います。
「こうでなければいけない」ということはありません。

あなたの片づけスイッチはどこにありますか?
どんなことでしょうか?

片づけの正解もゴールも一人ひとり違うように、
スイッチの入れ方もきっとたくさんあるはず!

参考になることがあれば試してみたり、
これいいよ!ということがあれば、ぜひトトノエ堂にも教えてくださいね♪

「片づけのスイッチ」は毎月1回お届けします。
読んでいただき、ありがとうございました。

 

トトノエ堂では、お片づけのサポートなどで
「あなたが押しやすい片づけのスイッチ」を探してお伝えもしてます!

お片づけのサービスはこちら

 

関連記事

  1. 【片づけのスイッチ/3月】やる気を待つ必要なし?それどんなス…

  2. 【片づけのスイッチ/10月】人気カフェの店長さんに聞く!家事…

  3. 【片づけのスイッチ/8月】80歳の先輩に聞く!変化する時代~…

  4. 【片づけのスイッチ/4月】片づけのプロでもスイッチはいろいろ…

  5. 【片づけのスイッチ/11月】子供のお手伝いの工夫と、片づけ好…

  6. 2021年スタート!新:トトノエ堂通信【片づけのスイッチ】

PAGE TOP